沖縄県北部、アセロラの町「本部町」

沖縄県北部の町、「本部町」

国産アセロラの国内シェア100%が沖縄県で、その多くは北部の町「本部町(もとぶちょう)」で生産されています。

本部町は、沖縄県の北部に位置する、総面積54.35k㎡ほどの土地に、人口13,329人が暮らすのどかで自然豊かな町です。
沖縄では圧倒的な集客力を誇る、日本でも有数の観光名所「沖縄美ら海水族館」が所在する町であることは、あまり知られていません。

財政力指数は、0.28。(全国平均0.49、沖縄県0.31[47都道府県中43位])
全国の自治体順位でも、1741自治体中1272位と、決していいとは言えない町のチカラです。

財政を支えるのは観光関連産業でも、「沖縄美ら海水族館」以外、突出したものはなく、また、特産品でもあるアセロラも出荷量から見れば財政力に貢献しているとは言えない現状があります。さらには、過疎化も進んでいます。

果物名
収穫量
シェア
全国の収穫量
パイナップル
7,130t
99.86%
7,140t
シークワァーサー
2,799t
99.82%
2,804t
マンゴー
1,931t
50.75%
3,805t
★アセロラ
26t
100.00%
26t


>>>本部町産のアセロラがご自宅でも味わえます!