発祥の地は、カリブ海に浮かぶ小さな島

カリブ海に浮かぶ小さな島「マルティニーク島」

マルティニーク(Martinique)は、フランスの海外県の1つであり、カリブ海に浮かぶ西インド諸島のなかのウィンドワード諸島に属する一島。海を隔てて北にドミニカ国が南にセントルシアが存在する。県都はフォール=ド=フランス(Fort de France)。面積1,128平方キロ、人口407,000人(2011年)、時間帯はUTC-4、国番号は596で、ドメイン名は.mqである。
「世界で最も美しい場所」とコロンブスに呼ばしめ、彼を魅了したマルティニーク島の語源は島に住んでいた、カリブ人の言葉でマディニーナ(Madinina、花の島)、またはマティニーノ(Matinino、女の島)がマルティニークの語源になっている。by Wikipedia

カリブ海のフランス

アセロラの発祥の地は、「マルティニーク島」とされています。
かつて、大航海時代に、かの冒険家コロンブスが辿り着いたカリブ海の小さな島。
長い航海で、ろくに野菜や果物が食べられず、ビタミン不足で病気になる乗組員が続出した際、この島の赤い実を食べたところ驚くほどの回復力だったことからヨーロッパに持ち帰ったことがその始まりだとされています。
その後、フランスがこの「マルティニーク島」を統治するようになり、現在もフランスの海外県の一つとなっています。

 

本国フランスから直線距離で約8,000km

 

日本からは直線距離で約18,000km

 

カリブ海に浮かぶ小さな島

 

アセロラはこの小さな島が発祥の地なのです

 

沖縄県とマルティニーク島

沖縄県より少しだけ小さいマルティニーク島も可住地面積はほぼ一緒です。
沖縄県・・・可住地面積1,169km²(総面積2,271km²)
マルティニーク島・・・総面積1,128km²

沖縄県
マルティニーク島
可住地面積
1,169km²
総面積
2,271km²
総面積
1,128km²

 

目指せ!マルティニーク島

  1. 本プロジェクトでは、マルティニーク島への視察を実現させ、日本におけるアセロラの普及(生産、加工)に努めます。
  2. 国産アセロラのシェアを拡大させ、健康社会への寄与、沖縄経済の発展、副次産業への進展を目指します。
  3. 沖縄県本部町とフランス・マルティニーク島との友好都市提携を目標にします。